研究室見学について

・【最新情報】卒研配属のための研究室説明会を,2019年内は,12/6(金) 16:45-,12/11(水) 18:15-,12/17(火) 16:45-,いずれも 3G222 において開催します.2020年1月の開催予定については,またあらためてご案内します.
・近年,中国からの研究生や大学院受験の希望者が非常に多いため,しばらくのあいだ当研究室への受け入れは,211工程や985工程の大学出身者に限定させてもらいます.
・本研究室への卒業研究配属を希望する方は,星野聖教授までメールでご連絡ください.
・大学院から星野聖研究室で研究を行いたい他大学の方や本学他学類の方の研究室見学も歓迎します.
・筑波大学人間総合科学研究科・芸術系を兼担するため,おもに物理学・情報科学を基盤とする研究を行うシステム情報系と,おもに生理学や人間工学を基盤とする研究を行う芸術系の,それぞれ大学院前期課程/後期課程を受験していただくことが可能になりました.当研究室での大学院進学についてご関心のある方は,星野聖教授までメールにてご相談ください.

医用生体工学研究室とは

  人間や脳の工学的理解と,医用応用やヒューマンインターフェース応用を目指しています.
  目下,とくに精力的に推進している研究テーマの例は,(1)夜間の自動車運転のように,あるいはヘッドマウントディスプレイ(HMD),あるいは武道やスポーツの競技者向けに,暗所であっても装着者に心理的負担を与えず,長時間の高精度計測が可能な眼球運動計測システムの開発,(2)月面や災害現場にいる遠隔ロボットを,地上などの離れた場所からオペレータのジェスチャーで操作する遠隔ロボット操作技術の開発,(3)武道やスポーツ動作の3次元計測と数理モデル化,(4)安全に,楽しみながら健康増進が行えるロボット設計,(5)fNIRS(脳内活動量)の高精度推定および医療診断支援のための信号処理,(6)情報通信機器,デジタルサイネージ,家電製品,ゲーム,ロボット等あらゆる人工物を手指のジェスチャーで操作する技術の創出,(7)他の生体計測と,医用応用やヒューマンインターフェース応用,などです.

News

2020年4月 K.Hoshino: "[Keynote Speech 基調講演]," International Conference on Computing and Artificial Intelligence (ICCAI 2020), appearing, Tianjin China, 2020
2020年3月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演],” International Conference on Image, Video and Signal Processing (IVSP 2020), appearing, Singapore, 2020
2019年11月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Simultaneous Estimation of the Line-of-Sight and Rotational Eye Movement by Tracking of Blood Vessel Images of the Eye,” International Conference on Machine Learning and Intelligent Systems (MLIS 2019), Hualien Taiwan, 2019
2019年11月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Eye Movement Estimation Based on the Intensity Gradients of Blood Vessels in the Eye,” International Conference on Biomedical and Bioinformatics Engineering (ICBBE 2019), Shanghai China, 2019
2019年4月 K.Hoshino: "[Keynote Speech 基調講演], Measurement of Eye Movement Using a Small Camera Installed Roughly next to the Human Eye," International Conference on Computing and Artificial Intelligence (ICCAI 2019), Bali Indonesia, 2019
2019年2月 K.Hoshino: "[Keynote Speech 基調講演] Measurement of line-of-sight and eye rotation using a small camera installed roughly next to the eye," International Conference on Image, Video and Signal Processing (IVSP 2019), 2019
2018年11月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Estimation of the Line-of-Sight and Rotational Eye Movement by Tracking of Blood Vessel Images on the Eyeball Sclera,” International Conference on Digital Medicine and Image Processing (DMIP 2018), 2018
2018年8月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Simultaneous estimation of the line-of-sight and rotational eye movement,” 2018 International Conference on Biomedical Signal and Image Processing (ICBIP 2018), 2018
2018年6月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] A new method for high-accuracy eye movement measurement,” 2018 International Conference on Medical and Health Informatics (ICMHI 2018), 2018
2018年3月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Technology for acquiring biosignals generated during eye movements,” 2018 International Conference on Computing and Artificial Intelligence (ICCAI 2018), 2018
2017年8月 K.Hoshino: “[Keynote Speech 基調講演] Measurement of rotational eye movements in the dark environment,” Intl. Conf. on Biomedical Signal and Image Processing (ICBIP 2017), 2017
2019年4月〜2021年3月 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)【ICT重点研究開発分野推進型 フェーズII】「眼球運動からのバイオシグナル収集技」
2018年6月〜2019年3月 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)【ICT重点研究開発分野推進型 フェーズI】「眼球運動からのバイオシグナル収集技」(代表者として総務省SCOPE3回目の採択)
2017年〜2019年 スズキ財団研究助成「テーマ:運転者や同乗者の心理および生理状態をモニタリングできるセンシング技術の開発」
2017年〜2019年 科研費 基盤(C)「暗闇でも眼球回旋と視線の長時間計測が可能な眼球運動計測装置の開発」
2017年〜2018年 高速道路調査会「ドライバ向け超軽量眼球運動計測メガネ開発と安全運転および道路行政支援に関する研究」
2016年〜 宇宙航空研究開発機構(JAXA)「テレイグジスタンスロボットの研究」共同研究
2017年11月29日〜12月2日 国際ロボット展にて,JAXA等と共同で「月面ロボットの地上からのジェスチャー遠隔操作」システムの体験コーナーを開設